宮城のニュース

張本、優勝逃す 全日本卓球

男子シングルス決勝で宇田(右)に敗れた張本(佐藤琢磨撮影)

 卓球の全日本選手権最終日は19日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子シングルスの決勝で東京五輪代表の張本智和(木下グループ、仙台市出身)が18歳の宇田幸矢(エリートアカデミー)に3−4で敗れ、2年ぶりの優勝はならなかった。宇田は初制覇。
 女子シングルスは早田ひな(日本生命)が準決勝で伊藤美誠(スターツ)を4−3、決勝で石川佳純(全農)を4−1と、2人の東京五輪代表を破って初優勝を飾った。早田は伊藤と組んだ女子ダブルスと合わせて2冠を達成した。
 女子と混合の両ダブルスを制して臨んだ伊藤は、史上初の3年連続での3種目制覇を逃した。石川は4大会ぶりの優勝に手が届かなかった。宇田と早田は世界選手権団体戦(3月・釜山=韓国)の代表に決まった。


2020年01月20日月曜日


先頭に戻る