山形のニュース

将棋と食の魅力を発信 山形・天童温泉に屋台村オープン

すし店や鉄板焼きなど8店舗が軒を連ねる屋台村「と横丁」=天童市鎌田本町

 山形県天童市の天童温泉に、八つの飲食店が軒を連ねる屋台村「と横丁」がオープンした。温泉街のにぎわい創出の拠点として、地元の期待が集まる。
 屋台村は天童ホテルの第1駐車場の敷地約460平方メートルに整備。藩制時代の天童織田藩をイメージし、黒と白を基調にした建物には、名物の将棋の駒が随所にちりばめられている。
 各店舗では冷たい肉そばやゲソ天、将棋の駒をかたどったお好み焼きなどを提供。営業時間や定休日は店ごとに異なり、おおむね午後5〜6時に開店、午前0〜2時に閉店する。


関連ページ: 山形 経済

2020年01月20日月曜日


先頭に戻る