岩手のニュース

再選挙、山下氏が初当選 岩手県議選二戸選挙区 居住実態なく当選無効

山下正勝氏

 岩手県選管の当選無効判断に伴う県議選二戸選挙区(定数2、欠員1)の再選挙は19日投票が行われ、即日開票の結果、無所属新人の元一戸町議山下正勝氏(66)が自民党新人の元航空自衛官松倉史朋氏(27)を下して初当選した。
 山下氏は地元の一戸町を中心に幅広く支持を集めた。松倉氏は自身に対する当選無効の県選管決定を受け入れて昨年11月に県議を辞職して再挑戦したが届かなかった。
 投票率は40.40%で2015年の前回(55.18%)を14.78ポイント下回った。当日の有権者は3万3620人。
 昨年9月8日実施の県議選二戸選挙区では、無投票で初当選した松倉氏に県内での居住実態がないとして県選管が当選無効とした。

 ◇岩手県議選開票結果
 【二 戸】(1―2)
選管最終
当  9,295山下 正勝 無新
   3,992松倉 史朋 自新

 山下正勝(やましたまさかつ) 66 (1)
農業(一戸町議(4)、農協理事)一戸町、県立浄法寺農場


関連ページ: 岩手 政治・行政

2020年01月21日火曜日


先頭に戻る