宮城のニュース

楽天がQRチケット導入 全観客対象、今季から

QRコードを認証するエントランスのイメージ(楽天野球団提供)

 プロ野球東北楽天を運営する楽天野球団は22日、本拠地の楽天生命パーク宮城(仙台市宮城野区)で、全観客がQRコード(2次元バーコード)で入場する新システムを今季の公式戦から導入すると発表した。
 公式ホームページ「イーグルスチケット」から購入した電子チケットは、スマートフォンの公式アプリやブラウザー(閲覧ソフト)などでQRコードを表示する。紙のチケットにもQRコードが印刷される。
 QRコードの認証機があるエントランスは、スタジアム正面など球場外周の5カ所に設置する。


2020年01月22日水曜日


先頭に戻る