宮城のニュース

感性光る意欲作続々 県高校美術展始まる 仙台

若々しい感性が光る作品が並んだ展覧会場

 第72回県高校美術展(県高校美育研究会、河北新報社など主催)が22日、仙台市青葉区の県美術館県民ギャラリーで開幕した。県内75校の生徒による作品計600点を展示している。26日まで。
 油彩、アクリル画を中心に壁面展示447点、立体造形、工芸、映像作品などの空間展示52点が並ぶ。このほか、ポスター部門の出品作101点も紹介している。
 自然の草花を扱った作品や、日常の学校生活を取り上げたものなど、感性豊かな作品が一堂に集まった。
 研究会事務局の相沢修教諭(宮城野高)は「絵画では規定上限の50号に挑戦する生徒が増えた。壁面、立体とも、入賞を逃した作品の中にも目を見張るものがある。ぜひ見てもらいたい」と話した。
 美術担当教員による投票で優秀賞38点、奨励賞52点、最優秀ポスター賞1点、優秀ポスター賞9点が選ばれた。
 入賞者は次の通り。
(敬称略)

 【優秀賞】
小野詞誉、八島季奈、藤平みのり、雫石花梨(宮城野)奥山優華、伊藤晴香、佐々木愛海、岩松海人(東北生活文化大高)酒井美優、伊藤朱理(本吉響)大山翔太、水野愛、千葉愛佳(佐沼)石橋萌、武田美優、早川音々(富谷)倉島大輔、千田唱、齋藤蓮、金澤杏(涌谷)栗田彩乃、熊谷柚葉(宮城一)安齋詩寧、沖横田夏美(仙台二華)樋口真愛(仙台白百合学園)柴田菜々瀬(田尻さくら)島田佳世子(多賀城)内海凛香、梶彩音(県工)今野七海(石巻)鈴木和史(白石)佐々木勇人(石巻好文館)桑嶌紗波、岩井遥香(仙台南)松谷勘太郎(県農)松崎颯香(仙台)宍戸花穂(仙台西)竹林伽羅(古川黎明)
 【奨励賞】
吉田美菜、和賀あまね、早水京華、千葉華音、近藤緋呂、甲田桂子(宮城野)内海日香莉、小山菜月、高橋玲菜、齋藤花音(気仙沼)安部光亮、岩槻優里、米倉朱音(本吉響)村上愛望、黒沼紗野華・木村昇=共作=、小野寺夏美(涌谷)村岡小海、奥山あい、木山自英(古川黎明)大貫泰河、関歩朱、平塚冴耶(富谷)高橋嗣恩、鈴木剛、佐野珠子、伊藤茉莉花、山田小葉音(東北生活文化大高)森飛翔、佐久間里穂(県農)玉田颯季、片上華(角田)山内慈子、加藤百華(佐沼)菅野志帆・大橋羽梨奈・安藤嶺・名取桜花・山下結衣=共作=、早坂純香(聖和学園)齋藤花凪、庄司晴香(仙台三桜)大庭千怜、真壁和(白石)北原雪瑛、北原百瑛(仙台南)池田佳穂、高橋さくら(石巻北)山家由莉(仙台向山)遠澤歩武(尚絅学院)小野明日香(小牛田農)佐藤千尋(県工)高橋ゆうり(泉館山)小野木さくら(宮城一)大沼新季(黒川)石川唯(築館)吉田天音(西山学院)
 【ポスター賞】
最優秀 村上愛望(涌谷)▽優秀 福土遥紀、高橋跳人(涌谷)佐藤夏希(気仙沼)森山菜採(宮城一)プルワ・ワゲラ(宮城学院)千葉有紗(石巻桜坂)相澤尊、関歩未(富谷)安齋詩寧(仙台二華)


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2020年01月23日木曜日


先頭に戻る