秋田のニュース

羽後交通の路線バスでスマホ決済実験 専用アプリで初期投資低額に抑える 横手

 羽後交通(秋田県横手市)の路線バスでスマートフォンアプリを使ったキャッシュレス決済の実証実験が24日、始まる。専用アプリを使って初期投資を低額に抑えながら、乗客の利便性向上を目指す。
 実証実験はイオン・イーストモール線(大曲バスターミナル−イオンモール大曲間)と、横手・大曲線(平鹿総合病院−大曲バスターミナル間)の2路線で、期間は3月31日まで。
 乗客は事前にクレジットカードなどのユーザー登録をする。乗車時に整理券を受け取り、車内に貼られたQRコードを読み取って乗降場所や運賃をスマホ画面で選ぶ。降車時に整理券と画面を運転手に示し、乗客自身が「運賃確定」を選択すれば決済が完了する。
 主要都市では交通系ICカードを使った運賃決済が普及しているが、専用設備の高額な設置費用がネックとなり、地方の路線バスでは導入が進んでいない。
 羽後交通輸送課の担当者は「実証実験の方式は初期投資がほとんどかからない。対象の2路線は若い利用者が比較的多く、好評ならば他路線にも広げたい」と話す。


関連ページ: 秋田 経済

2020年01月23日木曜日


先頭に戻る