山形のニュース

東北芸工大生と老舗和菓子店がコラボ 26日まで器と菓子の展覧会

学生と和菓子店による作品が並ぶ茶陶展

 東北芸術工科大(山形市)で陶芸などを学ぶ学生が制作した器と、老舗和菓子店「乃し梅本舗 佐藤屋」(同市)の菓子を並べた展覧会「お茶かい菓子ら?」が、山形市内の「ギャラリー絵遊」で開かれている。26日まで。
 あさぎ色の下地に粉を散らして山形の雪を表現した漆器や鳥形の茶器、人間が皿に飛び込む様子を表現したスズ製の「菓子切り」など、独創性豊かな作品が並ぶ。器のイメージに合わせて同店が考案したオリジナル和菓子を添えた。
 午前10時〜午後6時。入場無料。25、26の両日は茶会(正午〜午後5時)があり、抹茶と和菓子を100セット振る舞う。連絡先は同大広報室023(627)2246。


関連ページ: 山形 文化・暮らし

2020年01月23日木曜日


先頭に戻る