宮城のニュース

現役漁師が特別授業 突きん棒漁の魅力説明 気仙沼・九条小

児童にもりの説明をする小野寺さん(左)

 地元の主力産業である水産業について理解を深めてもらおうと、宮城県気仙沼市内の水産会社などでつくる「気仙沼の魚を学校給食に普及させる会」は23日、同市九条小で現役漁師を招いた特別授業を開いた。メカジキをもりで突く「突きん棒漁」をする漁師の話を、児童たちは熱心に聞き入った。

 5年生55人が特別授業を受けた。同市唐桑町の漁師小野寺庄一さん(44)が突きん棒漁の方法やメカジキの特徴などを説明した。
 小野寺さんは、黒板にメカジキの実物大ポスターを掲げながら授業をした。船の先端にある突き台から、もりを突く様子を撮影した動画を紹介。実際に漁で使っているもりを持ち込み、子どもたちに触らせた。
 130キロのメカジキ1本の値段が十数万円で、中には2カ月間で4000万円分も水揚げのある漁師がいることに触れ、「漁師も夢のある仕事だ」と訴えた。
 武田太陽君(11)は「漁で使うもりを触ったのは初めて。予想以上に重かった。漁師の魅力を少しは分かった」と話した。
 市内の漁業会社臼福本店の社員によるマグロの資源管理についての説明もあった。


関連ページ: 宮城 社会

2020年01月24日金曜日


先頭に戻る