秋田のニュース

秋田雪不足でまつり中止相次ぐ 「今後も晴れの予報で…」

払田柵の冬まつり=2010年

◎払田柵の冬まつり・大仙市

 大仙市は23日、同市払田(ほった)と秋田県美郷町にまたがる国史跡の払田柵跡で2月1日に開催予定だった「払田柵の冬まつり」を雪不足のため中止すると発表した。
 約1000個のミニかまくらにろうそくの火をともす「蝦夷(かい)ほたる」がメイン行事で、昨年は約1000人が訪れた。恒例の雪上グラウンドゴルフ大会やミニスキー大会、甘酒と餅の振る舞いなども取りやめる。
 主催する「史跡の里づくり委員会」事務局の市仙北支所地域活性化推進室は「ほとんど積雪がなく、今後も晴れの予報で実施は難しいと判断した」と話した。

◎雄勝の雪まつり・湯沢市

 湯沢市小野にある小町の郷(さと)公園で2月8日に開催を予定していた「雄勝の雪まつり」の実行委員会は23日、記録的な雪不足が続いているため初の中止を決めた。
 アニメキャラクターや話題の人物などのカラー雪像約30体がライトアップされる名物行事。昨年は約5000人が参加した。太鼓団体の演奏や菓子まきも実施しないが、小正月行事のどんど焼きだけは公園の駐車場で行う。
 実行委員会事務局の湯沢市雄勝観光協会の担当者は「気温が例年より高く、雪が降っても積もるまでいかない。雪まつりは今年で38回目だったが、中止になるのは初めてだ」と語った。


関連ページ: 秋田 社会

2020年01月24日金曜日


先頭に戻る