福島のニュース

ここはマジンガー基地? 建設中トンネルで映画試写会 福島

地元の小中学生らと写真撮影する高杉さん(前列左)と岸井さん(右)

 31日公開の映画「前田建設ファンタジー営業部」の試写会が23日、いわき市と福島県小野町を結ぶ県道吉間田滝根線(9.2キロ)で建設中の広瀬1号トンネルであった。昨年5月の撮影の舞台に使われたトンネルは、東日本大震災からの復興道路の一環で整備が進められた。
 前田建設工業(東京)が同社ホームページで公開した「前田建設ファンタジー営業部」を映画化した。アニメ「マジンガーZ」に登場する地下格納倉庫の設計や見積もりに挑戦する営業部メンバーの試行錯誤を描いた。
 試写会では、主演で俳優の高杉真宙さんと女優の岸井ゆきのさんがヘルメットをかぶって登場。参加した地元の小中学生ら約120人から歓声が上がった。
 高杉さんは「大人になっても夢を見続けていいんだと思える作品。諦めずに前を向いて進んでほしい」と語り、岸井さんは「本気でやれば周囲の人たちはついてくる。夢中になれるものに熱心に打ち込んで」とエールを送った。
 被災した浜通りと中通りをつなぐ「ふくしま復興再生道路」は国と県が事業主体。県によると、国道114号など8路線を対象に2025年度までに整備を終える。全29工区のうちこれまでに12工区が完了し、残17工区も着工済み。


関連ページ: 福島 社会

2020年01月24日金曜日


先頭に戻る