宮城のニュース

<楽天>深み増すクリムゾンレッド 新ユニホームお披露目

新しいユニホームのモデルとして登場した茂木(左)と松井

 東北楽天は24日、仙台市のJR仙台駅東西自由通路で、新ユニホームの発表会を開いた。イベントには茂木栄五郎内野手と松井裕樹投手が登場し、ファン約700人にお披露目した。
 ユニホームはホーム用、ビジター用ともに軽量化を図った。クリムゾンレッドの色も一新し、深みが増した。ビジター用は袖のラインや背ネーム、背番号などに金色を用いた。
 ヘルメットのデザインも変えた。特徴はあでやかに照り返す発色と光沢で、宮城県の伝統工芸品「玉虫塗」の技法を使った。
 ワシがあしらわれた新キャプテンマークを身に着ける茂木は「軽くなり動きやすい。新しいクリムゾンレッドもいい色になった」と語った。


2020年01月25日土曜日


先頭に戻る