宮城のニュース

<B2仙台>福島に攻め勝ち首位守る

仙台−福島 第1クオーター、沢辺がシュートを決める(佐藤将史撮影)

 25日、仙台市のゼビオアリーナ仙台などで試合があり、東地区の仙台は同地区の福島を89−80で下した。通算成績は25勝10敗で首位をキープした。福島は10勝25敗となり5位のまま。
 山形は茨城に81−87で敗れ、7勝29敗の6位。青森は中地区の越谷に72−78で競り負け、15勝20敗となり4位で変わらず。

◎第3Q失速28失点

仙台(25勝10敗) 89/20―20/80 福島(10勝25敗)
              18―6
              22―28
              29―26
▽観衆 3216人(ゼビオ)

 仙台は終盤に効率良く攻めて福島を振り切った。沢辺やティルマンが積極的にゴール下に攻め込み、福島の弱みを突いて得点を重ねた。守備は外への意識が甘く第3クオーターに28失点するなど課題が残った。


2020年01月26日日曜日


先頭に戻る