宮城のニュース

ベガルタデザインラッピング 仙台市バス27日から運行

仙台のラッピングを施した仙台市バスのイメージ画像(ベガルタ仙台提供)

 サッカーJ1仙台などを運営するベガルタ仙台(仙台市)は25日、車体全体にチームをイメージしたデザインをラッピングした仙台市バスを27日から毎日運行すると発表した。運行期間は来年1月末まで約1年間。
 チームの認知度向上を目指し、七つの公式スポンサーの企業や団体の協力を得て実現。チームカラーの金色をベースにクラブのエンブレムやマスコットの「ベガッ太」「ルターナ」のイラストなどが装飾されている。
 運行エリアは仙台市青葉区と泉区内で、路線は各運行日当日に営業所が決める。クラブの担当者は「見かけたらツイッターでつぶやいてほしい」と話し、会員制交流サイト(SNS)を活用したPRも検討している。


2020年01月26日日曜日


先頭に戻る