宮城のニュース

旬のカキ「たら福」どうぞ 宮城・南三陸で地元産の魚介類振る舞う

カキの炭火焼きを楽しむ来場者

 宮城県南三陸町歌津の商店街「南三陸ハマーレ歌津」で26日、地元産の旬のカキを振る舞う「カキたら福まつり」があり、多くの客でにぎわった。
 殻付きカキの詰め放題のコーナーでは、若手漁師が約3000個を用意し、来場者は袋いっぱいに詰め込んだ。カキやホタテの炭火焼き、新物ワカメのしゃぶしゃぶも人気を集めた。
 バスツアーで訪れた白石市の主婦坂本よし子さん(70)は「殻付きカキは久しぶりに食べた。炭火で焼くと、実がふっくらしていておいしかった」と満足した様子だった。


関連ページ: 宮城 経済

2020年01月27日月曜日


先頭に戻る