宮城のニュース

迫力ある演奏で観客を魅了 仙台でマーチング&バトン大会

迫力ある演奏を披露する高校生バンド

 「第23回マーチング&バトン オンステージ東北大会」が26日、仙台市宮城野区の仙台サンプラザホールであった。小学生から社会人まで東北6県の21団体417人が参加し、演技・演奏を競った。
 東北マーチングバンド・バトントワーリング連盟などの主催。参加団体は工夫を凝らした舞台セットや演出で観客を魅了した。バトンを見事に操ったり、マーチングバンドの隊列が客席に向かって前進したりする場面では、大きな拍手が起きた。
 青森県南部町の名久井小のマーチングバンドは音楽の授業をテーマに迫力ある演奏を披露。部長でトランペット担当の6年椛木(かばき)唯さん(12)は「練習したことがちゃんとできた。ステージを楽しめた」と話した。
 審査の結果、7団体が2月に神奈川県で開かれる全国大会に出場することが決まった。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2020年01月27日月曜日


先頭に戻る