宮城のニュース

新型コロナウイルス 宮城県が対策本部設置

 宮城県は27日、新型コロナウイルスによる肺炎患者が県内で発生した場合に備え、村井嘉浩知事を本部長とする対策本部を設置した。東北での対策本部設置は初めて。
 春節(旧正月)に伴う連休で、中国からの入国者が増加すると予想されることに加え、政府が28日の閣議で感染症法上の「指定感染症」に指定する見通しを踏まえた措置。仙台空港などでの警戒を強める。
 当初予定していた新型インフルエンザの流行を防ぐための訓練に先立ち、新型肺炎の対策本部を設けた。村井知事は患者発生に備えた関係機関の情報共有を指示。訓練では情報収集など初動対応の手順を確認した。
 患者が発生した場合、県は感染症予防計画に基づき対応する。仙台市青葉区の東北大病院など県内の指定医療機関で診察、治療などを行う。
 村井知事は訓練終了後の取材に「職員には県内で必ず患者が発生するとの心積もりで構えていてほしいと指示した。県民には手洗い、うがいを徹底してもらいたい」と呼び掛けた。
 県は中国・大連事務所にいる職員4人を自宅待機としている。中国国内の状況を見極め、帰国させることを検討する。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年01月28日火曜日


先頭に戻る