宮城のニュース

映画ラストレター 白石の「聖地」まち歩き ガイドツアー開始

ガイド養成講座の研修で、ロケ地となった武家屋敷前を見て回る受講生ら=25日

 仙台市出身の岩井俊二監督の新作映画「ラストレター」の舞台となった宮城県白石市のロケ地をたどる「ラストレターでまち歩き」が2月1日から行われる。
 劇中の手紙に使われた白石和紙を紹介する寿丸屋敷が発着点。松たか子さんや福山雅治さんが訪ねた白石高旧校舎の跡地、神木隆之介さんと森七菜さんが歩いた武家屋敷前の沢端川沿い、広瀬すずさんの自宅となった民家近くの小道などを約2時間で巡る。
 企画した白石まちづくり会社の「白石観光まちあるきガイド養成講座」の講師や受講生がガイドする。ツアーは上映期間中の土、日曜午前10時から。1人1000円、小学生以下無料。希望日の前日午後4時まで申し込む。連絡先は同社0224(25)6054。


関連ページ: 宮城 経済

2020年01月28日火曜日


先頭に戻る