青森のニュース

暖冬だけど…台湾観光客が雪原満喫 青森・五所川原で地吹雪体験ツアー

<駆け足>かんじきで雪上を駆けるツアー客
<記念に>雪上に敷いた角巻に座り記念撮影する参加者
<初めて>悪戦苦闘しながら、かんじきを履く台湾の女性

 かんじきを履いて雪原を歩き回る地吹雪体験が27日、青森県五所川原市金木で始まった。初日は台湾のツアー客32人が訪れ、普段は体験できない雪と存分に触れ合った。
 例年50センチ以上の積雪があるが、今年は暖冬の影響で10センチ程度。地吹雪は起こらなかった。かんじきを履いて、肩掛けの防寒着「角巻」を羽織ったツアー客は新雪を踏みしめたり、雪上に寝転がったりして青森の冬を体感した。
 家族で参加した林淑貞さん(40)は「雪は少なかったが、空気がきれいで十分楽しめた。青森の良さを世界中の人に知ってもらいたい」と満足げだった。
 主催する津軽地吹雪会の角田周代表(66)は「楽しんで帰ってもらえたと思う。雪は少ないが、少ないなりに喜んでもらえる仕掛けを考えたい」と話した。
 地吹雪体験は冬期間の大雪と地吹雪を集客につなげようと1988年に始まり、33回目。今年は雪不足のため、新規予約は受け付けていない。昨年中に予約があった10組を2月中旬まで受け入れる予定。


関連ページ: 青森 経済

2020年01月28日火曜日


先頭に戻る