宮城のニュース

ベア要求6000円以上 連合宮城、春闘方針

 連合宮城は28日、仙台市青葉区のハーネル仙台で2020年春闘の討論集会を開き、月6000円以上(2%)のベースアップを求める方針を確認した。ベアの要求は7年連続で、2月25日の地方委員会で正式に決定する。
 全体の賃上げ要求は1万500円以上(4%)で、うち定期昇給分は4500円。非正規雇用は時給1100円を目指す。長時間労働の是正やハラスメント対策にも取り組む。
 集会は労組関係者約100人が参加した。小出裕一会長は「生活が良くなる実感が乏しい中、賃金の引き上げが最も求められている。生活水準の向上を目指して春闘に臨もう」と結束を呼び掛けた。


関連ページ: 宮城 経済

2020年01月29日水曜日


先頭に戻る