宮城のニュース

「ジョジョ」をチョコで堪能 関連作品コラボ商品を限定販売

岸辺露伴の取材ノートをイメージした手帳型の箱と個性豊かなボンボンショコラ ((C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・岸辺露伴は動かない製作委員会)

 天然甘味料製造クインビーガーデン(静岡市)はバレンタインデーに合わせ、オリジナルビデオアニメーション「岸辺露伴は動かない」をテーマにしたボンボンショコラ(3240円)とメープルピーカンショコラ(2750円)を開発した。仙台市青葉区の藤崎本館一番町玄関前で2月1、2日に限定販売する。
 同作品はテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」に登場する漫画家岸辺露伴を中心に描く。露伴が住む「杜王町」は仙台市がモチーフで、藤崎での販売が実現した。
 ボンボンショコラは露伴が使う取材ノートを模した箱に杜王町や登場人物を表す6種を詰め込んだ。露伴の粒はライムとパクチーの香りを付けるなど、それぞれ個性豊かに仕上げた。
 ピーカンショコラはずんだ味と紫イモ味のチョコでナッツを包んだ。オリジナルの六角箱と簡易型ショルダーバッグ「サコッシュ」を付ける。
 両日とも午前8時半から整理券を配布する。ボンボンショコラは1人3個、ピーカンショコラは同5個まで購入できる。東京の百貨店でも1日に発売するほか、4日からオンラインショップで展開する。


関連ページ: 宮城 経済

2020年01月29日水曜日


先頭に戻る