広域のニュース

低気圧が発達 今夜東北で暴風雨の恐れ

 気象庁は29日、発達した低気圧の影響により、東北や北海道の太平洋側を中心に同日夜にかけて、激しい雨や強い風が吹くとして警戒を呼び掛けた。土砂災害や浸水、洪水、高波などの被害が生じる恐れがある。
 気象庁によると、低気圧は房総半島付近から三陸沖に進む見通し。別の低気圧も日本海中部から東北東に進んでいる。東北の太平洋側は1時間に30ミリの激しい雨が降るところがある。
 東北各地の29日午前11時までの24時間降水量は、いわき市平132.0ミリ、福島県浪江114.5ミリ、同県広野96.0ミリ、秋田県藤里51.5ミリなど。同時刻までに福島県の8地点、宮城県と秋田県の各1地点の計10地点で1月の観測史上最大を観測した。30日午前6時までの24時間予想雨量は太平洋側100ミリ、日本海側60ミリ。
 東北の29日の最大風速(最大瞬間風速)は、太平洋側の海上20メートル(30メートル)、陸上15メートル(30メートル)。日本海側の海上18メートル(30メートル)、陸上13メートル(25メートル)。
 北海道は、太平洋側西部の海上が23メートル(35メートル)、陸上20メートル(35メートル)。その他の地域の海上が18メートル(30メートル)、陸上15メートル(30メートル)。


関連ページ: 広域 社会

2020年01月29日水曜日


先頭に戻る