宮城のニュース

花と緑がココロ癒やす 仙台で総合植物展きょう開幕

飾り付けの仕上げが進む大型庭園=30日、夢メッセみやぎ

 「とうほく蘭(らん)展」をリニューアルした東北最大級の総合植物展「花と緑のココロ博2020」(河北新報社、NHK仙台放送局、実行委員会主催)が31日から、仙台市宮城野区の夢メッセみやぎを会場に開かれる。
 「ココロのオアシス」をイメージして童話の世界観を再現した「大型庭園」、入り口から花を敷き詰め、回廊のように約10メートル続く「ウェルカムフラワーゲート」など、「心の癒やし」をテーマにした展示が並ぶ。会場全体に彩り豊かな花々が飾られ、一足早く春の訪れを体感できる。
 2月2日まで。開催時間は午前9時半〜午後5時(入場は午後4時15分まで)。入場料1300円、小学生以下無料。初日はスパリゾートハワイアンズ(いわき市)のフラガールによる特別公演などを予定している。連絡先は会場事務局022(254)7109。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2020年01月31日金曜日


先頭に戻る