宮城のニュース

キャッシュレス利用方法相談を 仙台に窓口開設

開設セレモニーでテープカットする郡市長(左から2人目)ら

 仙台市中心部商店街活性化協議会は1日、キャッシュレス決済の相談センターを仙台市青葉区のクリスロード商店街にある「仙台縁日」に開設した。決済の仕組みや手順、利用可能な店舗などを紹介する。
 市と協議会、仙台商工会議所などが進める「杜の都キャッシュレスタウン」構想のキャンペーンの一環。同日あった開設セレモニーで、郡和子市長は「ハードルが高いとの不安を解消し、キャッシュレスの普及を図りたい」と述べた。
 相談窓口は29日まで仙台縁日に設け、3月1日〜31日は近くの藤崎ファーストタワー館に移動する。利用時間は午前10時半〜午後5時、仙台縁日は木曜休館。
 協議会はNTTドコモ東北支社と連携し、対象店舗で500円以上のキャッシュレス決済をすると、最大1万円の共通ポイントサービス「dポイント」が当たる抽選会を3月15日まで実施する。仙台七夕をデザインしたdポイントカードも数量限定で配布する。
 山崎浩之協議会長は「高年齢層を中心に理解を広げ、便利に買い物できる環境を整えたい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2020年02月02日日曜日


先頭に戻る