福島のニュース

福島県警のヘリ不時着 移植手術の臓器搬送中7人けが

水田に不時着したヘリ=1日午前10時30分ごろ、郡山市三穂田町下守屋

 1日午前8時すぎ、福島県郡山市三穂田町下守屋の水田に福島県警のヘリコプターが不時着し、横転した。県警によるとヘリは移植手術の臓器を搬送中で、警察官ら5人と医師ら2人の計7人の男性が搭乗。4人が重傷を負い、3人が軽いけがをした。

 大けがは県警の地域企画課長村上祐司さん(59)と総合運用指令課整備士斎藤澄人さん(41)、東大付属病院(東京)の医師井戸田佳史さん(39)と臨床工学技士加賀美公一さん(43)。それぞれ胸や腕の骨を折るなどした。軽傷は総合運用指令課の操縦士(38)と副操縦士(50)、整備士(27)。
 ヘリは午前8時に会津中央病院(会津若松市)のヘリポートを離陸し、福島空港に向かっていた。約10分後、操縦士が「ヘリが墜落した」と110番した。
 機体後部が破断し、メインローターが折れるといった損傷があり、国土交通省は航空事故に認定。運輸安全委員会の航空事故調査官2人が2日、現地に入る。
 日本臓器移植ネットワークによると、運んでいたのは竹田綜合病院(会津若松市)で1月30日に脳死判定された50代男性ドナーから1日に摘出した心臓。東大付属病院で患者に移植する予定だった。
 ネットワークは1日、医学的理由で移植手術を断念したと発表した。事故で移植を断念したのは初めてという。
 現場はJR安積永盛駅の西約12キロの農村で、近くに民家が多い。近所の主婦菅野英子さん(80)は「顔を洗っていたら、ゴゴゴゴーとすごい音がした。外に出ると、川の向こうにヘリが落ちていた」と驚いた。無職男性(68)は「民家を避けて田んぼに落ちたのではないか」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2020年02月02日日曜日


先頭に戻る