宮城のニュース

「福は内」威勢よく 仙台・一番町で節分祭

大勢の買い物客に豆がまかれた

 仙台市青葉区の一番町四丁目商店街で2日、節分祭があった。無病息災と商売繁盛を願う「福は内」の声がアーケード街に響き渡った。
 地元商店街の恒例行事。年男、年女や観光PR集団「伊達武将隊」が、特設やぐらから買い物客に威勢よく豆をまいた。
 豆をまいた仙台三越社員の菅原洋太さん(36)は「皆さんに幸せが来ますように」。商店街の飲食店で働く年女の高沢有耶子さん(35)は「昨年の出会いを広げる年にしたい」と笑顔で話した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年02月03日月曜日


先頭に戻る