宮城のニュース

仙台市長「最大の危機感を」 新型肺炎で市が危機管理連絡本部会議

新型肺炎の対応強化を指示する郡市長(左)

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、仙台市は3日、郡和子市長を本部長とする危機管理連絡本部会議を市役所で開いた。県内で感染者の報告はまだないが、郡市長は「最大の危機感を持って、全庁を挙げた対応に取り組んでほしい」と指示した。
 企業管理者、局長、区長ら約40人が出席。郡市長は市医師会など関係機関との連携強化、市民への丁寧な情報提供を要請し「いつ発生してもおかしくない危機感を共有し、迅速、適切に対応できるよう情報収集してほしい」と語った。
 市によると、健康安全課と区役所に設置した相談窓口には、2日までの10日間に200件の相談があった。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年02月04日火曜日


先頭に戻る