宮城のニュース

「立春」ほころぶ梅 仙台・冬型緩み穏やかに

榴岡天満宮境内の梅もほころび始めた=4日午前9時10分ごろ、仙台市宮城野区

 4日は二十四節気の一つで、春の始まりとされる「立春」。宮城県内は冬型の気圧配置が緩んで晴れ、穏やかな朝を迎えた。
 仙台管区気象台によると、朝の最低気温は仙台1.1度、塩釜0.1度、大崎市鹿島台が氷点下0.6度、石巻が同0.7度など。各地で2月下旬から3月下旬並みだった。
 仙台の正午までの最高気温は6.1度。仙台市宮城野区の榴岡天満宮では、陽光を浴びようとするかのように、梅の花が顔をのぞかせていた。
 気象台によると、5日の県内は冬型の気圧配置が強まるため曇り。朝から昼すぎにかけ、西部を中心に雪や雨が降る所が多くなる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2020年02月04日火曜日


先頭に戻る