宮城のニュース

多賀城市水道事業管理者ら、官製談合の疑いで2人逮捕 宮城県警

 宮城県多賀城市水道事業発注の配水管移設工事の入札を巡り、予定価格を受注業者に漏らしたとして、県警捜査2課は4日、官製談合防止法違反と公競売入札妨害の疑いで、同市水道事業管理者佐藤敏夫容疑者(68)=多賀城市市川=を逮捕した。公競売入札妨害の疑いで、落札した長尾設備(多賀城市)社長長尾賢一容疑者(70)=宮城県七ケ浜町遠山3丁目=も逮捕した。
 佐藤容疑者の逮捕容疑は、昨年10月1日に市水道事業が実施した道路整備事業に伴う配水管移設工事の制限付き一般競争入札を巡り、同年9月ごろ、宮城県内などで予定価格を長尾容疑者に漏らし、公正な入札を妨害した疑い。長尾容疑者は予定価格の情報に基づき、それに近い価格で落札した疑い。
 県警は両容疑者の認否を明らかにしていない。
 県警は4日夜、同市役所や長尾設備など複数の関係先を家宅捜索した。
 県警などによると、佐藤容疑者は2011年3月末、同市役所を定年退職。同年5月、市水道事業管理者に就任し、現在3期目。同市水道事業の入札情報全般を把握していたとみられる。


関連ページ: 宮城 社会

2020年02月04日火曜日


先頭に戻る