宮城のニュース

「仙台東道路」の整備、宮城知事ら国交副大臣に要望

 村井嘉浩宮城県知事は4日、仙台東部道路と市中心部を結ぶ新たな自動車専用道路「仙台東道路」を早期に整備するよう国土交通省に要望した。青木一彦国交副大臣は事業の具体化に向け、ルートを複数案提示する考えを示した。
 知事は「東部から市中心部に向かう道路は慢性的に渋滞が起き、移動に時間がかかっている」と指摘し、整備の必要性を強調した。国道4号仙台バイパス拡幅事業の区間拡大も求めた。要望には高橋新悦仙台市副市長が同席した。
 青木氏は「渋滞緩和はしっかりやらないといけないとの思いだ。(仙台東道路に関する)ルートやコストを示した上で、県などと相談して取り組みたい」と応じた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年02月05日水曜日


先頭に戻る