青森のニュース

ハート形の腕で雌の頭を… 求愛する生き物観察できるかも 浅虫水族館

ユニークな求愛を見せるエゾハリイカを観察する子どもたち

 青森市の浅虫水族館で、ユニークな求愛を見せるイカなど5種の生き物を紹介するコーナーが設けられ、来館者を楽しませている。展示されているのはエゾハリイカとヤリイカ、イトヨ、イバラトミヨ、タツノオトシゴの仲間のヒメタツ。映像などで求愛の方法を説明しており、実際に観察できる可能性もあるという。
 小さなエゾハリイカは、求愛の際に雄が短い腕でハート形の輪を作り、長い腕で雌の頭をなでる。イトヨとイバラトミヨはトゲウオの仲間。いずれも雄が木くずや枯れ葉を集めて巣を作り、体を左右に振って泳いで雌の気を引く。
 3月14日まで。入館料は大人1030円、小中学生510円。連絡先は水族館017(752)3377。


関連ページ: 青森 社会

2020年02月06日木曜日


先頭に戻る