岩手のニュース

暖冬も何のその いわて雪まつり開幕

そり遊びを楽しむ子ども
そり遊びを楽しむ親子

 冬恒例の「いわて雪まつり」(実行委員会主催)が7日、岩手山麓の8カ所を会場に開幕した。暖冬の影響で例年より雪は少ないものの、各会場で雪にまつわるさまざまなアトラクションが楽しめる。11日まで。
 メイン会場の岩手高原スノーパーク(岩手県雫石町)には雫石町の観光マスコットキャラクター「しずくちゃん」などの雪像5基が登場。親子連れがそり滑りなどを楽しんだ。
 花巻市の会社員金沢剛さん(29)は長女梨桜(りお)ちゃん(1)を連れて「娘は生まれて初めての雪遊び。好きなように遊んで雪の楽しさを味わってほしい」と話した。
 午前9時〜午後6時。入場無料。連絡先は実行委事務局019(692)6407。


関連ページ: 岩手 文化・暮らし

2020年02月07日金曜日


先頭に戻る