宮城のニュース

県有施設再編方針 中間案意見公募に221件

 仙台市青葉区の県美術館と東京エレクトロンホール宮城(県民会館)を宮城野区の仙台医療センター跡地に集約する案を盛り込んだ県有施設再編方針の中間案について村井嘉浩知事は10日、1月末に締め切った意見公募に221件が寄せられたと明らかにした。
 意見は個人が209件、団体が4件。内容は(1)中間案策定の手続き(2)県美術館設置の経緯や立地環境、文化的価値の評価(3)中間案の具体的内容−の3点に関連した指摘が多かった。無記名で寄せられた8件は無効になる。
 県は意見を踏まえ、年度内に再編方針の最終案を有識者懇話会に提示する見通し。4月以降に美術関係者や県民を対象に方針案を説明する機会を設ける考え。村井知事は同日の定例記者会見で「美術館の今後の在り方について、どのように考えているのか聞きたい」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年02月11日火曜日


先頭に戻る