宮城のニュース

マスク無料配布 障害者にも拡大へ 気仙沼市

 新型コロナウイルスによる肺炎感染の広がりを受け、気仙沼市は10日、マスクを無料配布する対象を広げると発表した。これまで妊婦に限定していたが、身体障害者手帳1、2級の内部障害がある人、在宅酸素療法を受けている人にも配る。
 市内の薬局などでマスクの品薄状態が続いているためで、1人当たり1箱(50枚入り)を配布する。計約600人を見込み、災害時用に避難所などに備蓄していた分を用意した。
 配布期間は12〜28日。市役所ワン・テン庁舎、市唐桑保健福祉センター、市本吉保健福祉センターの3カ所で配る。身体障害者手帳が必要。連絡先は市社会福祉課0226(22)6600。


関連ページ: 宮城 社会

2020年02月11日火曜日


先頭に戻る