秋田のニュース

いぶりがっこ自販機でどうぞ 秋田・横手市がJR横手駅改札口前に設置

いぶりがっこなどを買える自動販売機

 横手市の土産が買える自動販売機がJR横手駅の改札口前に登場した。いぶした大根を漬けた「いぶりがっこ」やB級グルメ「横手やきそば」を扱う。電車やバスの時間が迫り、急いでいる時にも横手ならではの品々を手軽に購入できる。
 市が協力業者を募って設置した。来年3月まで試行する。ペットボトルと缶の飲み物用の自販機を改造し、筒型の専用パッケージに商品を入れて販売する。
 ワラビとコゴミの水煮やパック入りのリンゴジュース、市内の食品業者が製造した稲庭うどんも並ぶ。価格は300〜700円。
 市横手の魅力営業課長の高橋美貴子さんは「土産専門店を新設するにしても、店舗型で採算を取るのは厳しいと考えている。自販機の運営を試行し、データを集めて分析する」と話す。


関連ページ: 秋田 経済

2020年02月12日水曜日


先頭に戻る