宮城のニュース

覚醒剤など所持、田代まさし被告起訴内容認める 仙台地裁初公判

 自宅で覚醒剤と大麻を所持したなどとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われたタレント田代まさし(本名政)被告(63)=東京都杉並区=の初公判が13日、仙台地裁であった。被告は起訴内容を認め、検察側は懲役3年6月を求刑し結審した。判決は3月4日。
 被告人質問で、被告は昨年10月、バイク関係のイベントに参加した際に覚醒剤を入手したと供述。仮設トイレの中で覚醒剤と注射器5本を見つけたといい「(使用できる)チャンスと思った」と話した。
 事件後は自身に更生プログラムが必要と痛感したといい「反省していないと言われても仕方がない」と述べた。
 検察側は論告で「再犯を繰り返しており、薬物への依存が強い」と指摘した。
 起訴状などによると、被告は昨年11月6日に自宅で覚醒剤と大麻を所持し、同11月ごろ、覚醒剤を使用したとされる。


関連ページ: 宮城 社会

2020年02月14日金曜日


先頭に戻る