福島のニュース

支援学校職員が生徒に暴力 福島県が発表

 福島県は13日、県立特別支援学校の大笹生学園(福島市)で、児童指導員の資格を持つ再任用の60代男性職員が10代の入所生徒にけがをさせる暴力行為があったと発表した。
 県と学校によると、職員は1月29日午後11時すぎ、居室内で知的障害のある男子生徒の顎をつかみ、首に長さ3、4センチの引っかき傷を負わせた。トイレ使用に関する指導の際、職員の方を向かせようとしたという。傷はほぼ治った。
 職員は「話を聞かず、かっとなった」などと述べ、暴力を認めたという。県は福島北署に通報した。
 2月1日に別の職員が傷に気付き、生徒が「先生とけんかした」と話した旨を職員日誌に記したが、同校は10日に生徒の保護者から指摘があるまで詳しい調査をしなかった。
 県庁で記者会見した角田敏明学園長は「傷と暴力を結び付けて考えなかった。大変申し訳ない」と陳謝した。同校は小学部から高等部の児童生徒ら計29人が在籍している。


関連ページ: 福島 社会

2020年02月14日金曜日


先頭に戻る