宮城のニュース

新型肺炎感染拡大 中小の資金繰り支援 仙台市が相談窓口開設

 仙台市と市産業振興事業団は14日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、経営への影響が懸念される中小企業向けに、資金繰りなどの相談に応じる特別相談窓口を開設した。
 「中国から部品供給が止まった」「中国人旅行者が激減し、経営が厳しい」などの影響を想定する。中小企業診断士の相談員らが、利用可能な低金利の融資制度などを紹介する。政府が検討中の緊急対策も内容が判明次第、説明する。
 相談は無料。平日午前8時半〜午後5時、青葉区のアエル7階の市産業振興事業団経営支援課で受け付ける。連絡先は同課022(724)1122。


関連ページ: 宮城 経済 新型肺炎

2020年02月15日土曜日


先頭に戻る