宮城のニュース

国内初、球状歯の海生爬虫類の化石発見 気仙沼・本吉2億5000万年前の地層

球状の歯を持つ海生爬虫類の化石(中島准教授提供)

 国内で発見例がない、球状の歯が生えた海生爬虫(はちゅう)類の化石が、宮城県気仙沼市本吉町にある中生代初期で三畳紀前期(約2億5000万年前)の地層から見つかったと、東京都市大の中島保寿准教授(古生物学)が発表した。三畳紀前期の海の生態系を解明する貴重な手掛かりとして注目される。
 中島准教授が8日に東京であった日本古生物学会で発表した。2016年に東京大の学生が本吉町大沢の海岸で発見。19年夏に持ち込まれた化石を中島准教授が調べた。
 縦10センチ、横12センチほどの岩に骨の破片のようなものが集まっていた。特徴的な黒い球状の歯から、中島准教授が海生爬虫類と推測した。貝や甲殻類の殻などをかみ砕くために歯が丸くなっているという。
 中島准教授によると、三畳紀前期の地層で、同じような球状の歯を持つ海生爬虫類の化石が見つかったのは米国やノルウェーに限られており、国内だけではなくアジアでも発見例がない。エビなどを食べる海生爬虫類が、地球各地に存在したことを証明している。
 従来の研究では古生代末(2億5200万年前)に地球温暖化の影響などで海の生物の96%以上が絶滅したとされる。そのため、三畳紀前期は海の生物の多様性が乏しく、生態系が回復するまで約1000万年かかったと考えられてきた。
 発見場所付近から、南側の宮城県南三陸町まで広がる三畳紀前期の地層には、同じ海生爬虫類で鋭い歯があった「ウタツサウルス」やアンモナイト、甲殻類の一部「嚢頭(のうとう)類」などの化石が多く発見されている。
 中島准教授は「古生代末の大量絶滅後、予想以上の早さで地球全体の海の生態系が回復したことを裏付けた。500万年以内の短い期間で生物が多様化した可能性が高い」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年02月16日日曜日


先頭に戻る