宮城のニュース

<B2仙台>8連勝 東京Zに58−48

東京Z−仙台 第2クオーター7分、仙台・ミラーがシュートを放つ

 15日、東京都の大田区総合体育館などで試合があり、東地区首位の仙台は中地区の東京Zを58−48で破り、8連勝となった。通算成績は32勝10敗。
 青森は西地区の奈良を99−89で下し、連敗を3で止めた。通算19勝23敗。山形は西地区の広島に82−84で競り負けて11連敗。通算7勝35敗。福島は西地区の香川に81−90で屈した。通算12勝30敗。東北勢の順位に変動はない。

◎高さで優位に立つ

仙台(32勝10敗) 58/11―12/48 東京Z(9勝33敗)
              21―11
              14―7
              12―18
▽観衆 1814人(東京)

 仙台は高さで優位に立って完勝。今季2度目の8連勝を飾った。第2クオーター以降、ミラーとジェイコブセンが攻撃リバウンドを奪い続けて次々と得点につなげた。守ってもゴール下で東京Zの攻撃陣を抑え込んだ。


2020年02月16日日曜日


先頭に戻る