宮城のニュース

コースに残る震災の記憶 聖火リレー走者の男性がイベントで語り部

閖上中の生徒14人の名前が刻まれた慰霊碑の前で、聖火リレーへの思いを語る佐々木さん=16日、名取市閖上

 東日本大震災の津波で名取市閖上地区で家族4人を失った自衛官佐々木清和さん(53)=多賀城市=が東京五輪聖火リレー走者に選ばれ、16日に閖上地区であったリレーコースを歩くイベントで語り部役を務めた。「各国の被災地支援に感謝するとともに、命や日常の大切さを子どもたちに伝えたい」と力を込めた。
 同市の津波復興祈念資料館「閖上の記憶」で語り部を務める佐々木さんは、宮城県聖火リレー実行委員会が公募した走者に選ばれた。「閖上の記憶」運営団体が主催した同日のイベントでは、一般参加の市民2人やスタッフと、閖上で6月22日に開催されるリレーコースの一部を歩いた。
 閖上で暮らしていた佐々木さんは、妻りつ子さん=当時(42)=、一人娘で閖上中2年だった和海さん=同(14)=と義父母を亡くした。
 ゴール地点となる閖上小中には、和海さんら津波で犠牲となった閖上中の生徒14人の慰霊碑があり、訪れた佐々木さんは「14人にも『これが聖火だよ』と見せたい」と語った。
 阪神大震災の被災地に縁のあるヒマワリを育て、心の支えとした自身の体験談が、昨年から中学生向けの道徳の教科書に載ったこともリレー応募のきっかけとなった。千葉県や関西地方の中学生らから約1300通の手紙や感想文が届いた。
 佐々木さんは「聖火リレーを走り、感想文を送ってくれた子どもたちに元気な姿を見せたい。ありふれた日常や命を大事にしてほしい」と述べた。6月22日は、りつ子さんの誕生日でもあるという。


2020年02月17日月曜日


先頭に戻る