秋田のニュース

幻想浮かぶ雪国情緒 横手・ミニかまくら

蛇の崎川原のミニかまくら。優しい光が周囲を包んだ

 約450年の歴史がある秋田県横手市の小正月行事「横手のかまくら」が15、16の両日行われた。高さ3メートルの雪室が並ぶ通りを人々が行き交い、雪国情緒に浸った。
 市中心部の蛇の崎川原には大人の膝の高さの雪室「ミニかまくら」が約3500作られた。夕暮れ時、小さな雪室内のろうそくに火がともされ、幻想的な光が浮かび上がった。
 15日正午の横手の積雪は19センチで平年の2割程度。路面に雪はほとんどなく、短靴を履いている人もいた。16日は日中から雨が降り、かまくらにブルーシートを掛けて融雪を防ぐなどの対応を取った。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2020年02月17日月曜日


先頭に戻る