宮城のニュース

仙台市が児童手当通知書の表記ミス

 仙台市は17日、青葉区の2万92世帯に14日送付した児童手当と特例給付の支払通知書で、支給期間の記載に誤りがあったと発表した。支給額の記載には誤りがなく、手当は正しく支給された。市によると、支給期間を1カ月短く表記したり、令和元年の「元」1文字だけ印字するなどした。17日に受給世帯からの連絡でミスが発覚。17日に予定した青葉区以外の5万7838世帯への発送を中止した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年02月18日火曜日


先頭に戻る