宮城のニュース

白石・斎川公民館「日本一」文科大臣が表彰 東北初の最優秀、若者巻き込み地域づくり模索

表彰状を掲げる公民館の関係者ら

 文部科学省の第72回優良公民館表彰で、宮城県白石市斎川公民館が「最優秀館」に選ばれた。少子高齢化が進む地域で、SNS(会員制交流サイト)を活用したり、若者世代を巻き込んだ住民主体の事業を展開したりした点が評価された。最優秀館に選ばれるのは東北で初めて。
 公民館では、中学生から49歳までの住民が世代別に意見を交わす会議を開催。20代が講師役となって通信アプリLINE(ライン)の講習会を行うなど、若者の地域参画に注力してきた。災害時にはラインによる情報発信にも努めた。
 最優秀館は表彰対象となった全国75館の相互評価や有識者の最終審査で決定する。14日に文科省で表彰式があった。


関連ページ: 宮城 社会

2020年02月18日火曜日


先頭に戻る