秋田のニュース

秋田の「ホテルハワイ」2店舗跡地 マンション建設を断念

解体が始まる前の「ホテルハワイ」ラグーン店(手前)と新本店=秋田市中通3丁目

 秋田市中心部の旧ビジネスホテル「ホテルハワイ」全3店のうち、ラグーン店と新本店の建物と土地を取得した不動産会社プレサンスコーポレーション(大阪市)が、跡地に計画していたマンション建設を取りやめる方針を打ち出した。隣り合っていた2店舗の跡地利活用の見通しが、再び不透明になった。
 同社によると、建設スケジュールや費用面で条件に合うマンション施工業者を見つけられなかった。昨年12月に始めたラグーン店の建物の解体工事は予定通り進める。解体済みの新本店を含めた跡地の活用は現時点で未定という。
 プレサンス社は「何とか建設できないかと検討したが、経営判断で断念せざるを得ないとの結論に至った。返金の対応などマンション購入者には個別に説明していく」と話している。
 ホテルハワイは2009年1月に営業停止となり、建物は未活用の状態が続いた。17年末にプレサンス社が新本店とラグーン店の建物と土地を取得しようやく利活用の道筋が開けたが、今回のマンション建設断念で白紙に戻った。
 JR秋田駅近くにあるもう1店の駅前店は、跡地に別の業者がマンションを建てる計画が1月に具体的に動きだしている。


関連ページ: 秋田 社会

2020年02月18日火曜日


先頭に戻る