山形のニュース

山形大飯豊研究センター閉鎖検討 町「大学の結論待ち」

 山形大が同大xEV飯豊研究センター(山形県飯豊町)の閉鎖を検討している問題で、町は17日、大学側の結論を待たなければ町としての対応を説明できないとの考えを示した。嶋貫吉晴副町長が町議会全員協議会で答えた。
 センターの今後の方向を尋ねる質問に対し、嶋貫副町長は「今月中に大学としての考えを公表するようなので、結果が出次第、対応する」と発言。大学、山形銀行との3者連携協定に基づく協議は「非公開としており、大学の発表がどうなるかに注目している」と答えるにとどめた。
 町議からは、町発信の情報が乏しいことから「(財政破綻した)北海道夕張市のようになるのではと町内でうわさになっている」「公開できる範囲内で町民に説明責任を果たしてほしい」といった指摘や訴えがあった。


関連ページ: 山形 社会

2020年02月18日火曜日


先頭に戻る