宮城のニュース

マスクと消毒薬希望妊婦に配布 多賀城市19日から

 新型コロナウイルスの感染防止策として、宮城県多賀城市は19日からマスクと消毒液を希望する妊婦に配布する。里帰り出産の妊婦も対象。母子手帳を持参して市役所6階の健康課窓口を訪れれば、1人1箱(50枚入り)と消毒液1本を渡す。配布時間は午前9時〜午後5時。土、日、祝日は除く。
 川崎町は20日から妊婦や透析患者、在宅酸素療法者の町民計62人に、それぞれマスク1箱(50枚入り)を配布。町職員が自宅を訪問する。20日以降に母子健康手帳を交付される妊婦も対象になる。
 亘理町は18日、山田周伸町長を本部長とする対策本部を設置。町民に手洗い励行などを呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年02月19日水曜日


先頭に戻る