広域のニュース

クルーズ船、東北への寄港中止相次ぐ 新型肺炎の影響

 新型コロナウイルスの影響で、集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」によるツアーをはじめ、東北に寄港予定だったクルーズの中止が相次いでいる。
 ダイヤモンド・プリンセスを運営する「カーニバル・ジャパン」(東京)は東北に寄港予定のツアー2件を中止する。同船は4月18〜24日に酒田、石巻、宮古、青森、秋田各港に入る予定だった。通常のサービス態勢に戻すのに時間がかかることなどが理由という。
 8月に酒田寄港を予定していた「ノルウェージャン・スピリット」と、9月に大船渡港に入る予定だった「スター・ブリーズ」の運航も中止が決まった。石巻観光協会の阿部勝浩常務は「地元の機運が高まっていたので残念。早く終息し、安心して迎えられる日が来てほしい」と話す。


関連ページ: 広域 社会 新型肺炎

2020年02月20日木曜日


先頭に戻る