広域のニュース

新型コロナウイルス感染の場合受験認めず 東北の国公立大が対応策公表

 東北の国公立大は、2次試験前期日程が始まる25日を前に、受験生が新型コロナウイルスに感染した場合の対応策を公表した。
 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)は、今月1日施行の政令により「指定感染症」に分類されている。このため、各大学とも、指定感染症を含め、学校保健安全法施行規則で出席停止が定められている感染症にかかり、他者に感染の恐れがある場合、受験を認めないとしている。
 宮城教育大、宮城大、福島県立医大などは、感染した受験生に対して追試験などの救済措置も取らない方針。各大学では「国内の感染状況によって新たな通知が出る場合もある。最新の情報を確認してほしい」と呼び掛けている。


関連ページ: 広域 社会

2020年02月21日金曜日


先頭に戻る