宮城のニュース

クルーズ船に乗船 宮城在住の5人陰性

 宮城県は22日、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に、県内在住者5人が乗船していたと発表した。いずれも船内で実施したウイルス検査で陰性が確認され、19日以降に下船した。
 厚生労働省から21日夜、県に連絡があった。5人が在住する市町村や年齢、性別などは公表していない。一方、21日に県内の感染症指定医療機関で受け入れた無症状の感染者については、60代男性と明らかにした。個人が特定されない範囲で公表を決めたという。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年02月23日日曜日


先頭に戻る