宮城のニュース

小説「羊と鋼の森」体感 多賀城で24日にイベント 作者・宮下さんら参加

 2016年に本屋大賞を受賞し、18年に映画化された小説「羊と鋼の森」をテーマにしたトーク&コンサートが24日、多賀城市民会館で開かれる。作者の宮下奈都さんと共に、同市に縁のあるピアニスト福間洸太朗さん、調律師外山洋司さんらが出演する。
 同市主催。宮下さんがピアノの調律師を主人公にした著作について語り、福間さんによるショパン「子犬のワルツ」などの演奏、外山さんによる調律のミニ講座がある。3人のトーク&コンサートは、文化芸術プロデューサー浦久俊彦さんが司会を務める。
 福間さんは12年、故郷の東京都国分寺市で、多賀城市東豊中吹奏楽部と一緒にチャリティーコンサートを開催。外山さんは市民会館のピアノを調律した経験を持つ。
 午後2時開演。入場料は2500円(当日3000円)、小中高校生1200円(同1500円)。未就学児は入場不可。チケットは多賀城市文化センター022(368)0131、内容の問い合わせは市長公室市民文化創造担当022(368)1141。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2020年02月23日日曜日


先頭に戻る